2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.30 (Sat)

旅の空から~通訳娘の航海日誌・後編~

私がポルトベロに向かっていたのにはわけがある。南米未開の地へと向かうコンキスタドールの一人で、フェルナンド・ラブレスという人物がいて、知人を介して通訳を頼まれたからだ。特に断る理由もなし、その申し出を引き受けて、ヴェラクルスで彼らと待ち合わせる算段を整えていたんだ。

バナナを食べながらふらふらと街を見聞して時間をつぶし、夕刻になったころで酒場にはいって腰を落ち着けていたんだ。そこへ知人がラブレスを連れてきた。ラブレスは紳士然とした男で、身なりもそれなりの格好をしていた。武装はしていたけれど、未開の地へと踏み込む冒険家ともなればそれも当然の事だと思っていた。

私たちはお互いの身の上を簡単に話をした。知らない者同士であるし、どれだけの時間共にいるかは分からないが、最低でも相手が何者か、それくらいの事は知っておかないといけない。

その当時は便宜上商会には所属していなかったけれど、バーボンハウスにいた事は伝えたんだ。
証拠も見せた。バーボンハウス商会員の航海日誌には刻印が刻んであるでしょう?ある種の身分証明書だからね。今もまだもってるよ。

さて、翌朝私たちはヴェラクルスから陸路でポルトベロに向かった。そのころのポルトベロは、確かにポルトガルの海賊が根城にしていたから物騒であったんだけど、ラブレスの人脈もそれなりにあって、さっき話に出ていたマルナードとも知己を得ていたから、私が随員としてそこにいても特別問題なかった。実際、ラブレスからマルナードを紹介されたくらいだったし。

「お前さんの知人はマルナードと知り合いか?」
みたいだね。ポルトガルの人だし、よく摸擬戦にも参加していたしね。

「もしかして・・・パイレーツコートきて、ラブリュス背負ってるショートカットの嬢ちゃんか。」

御名答。食いしん坊の彼女にはお礼に特製ピザを山ほどあげた。
今はどうしてるんだろうなあ。

「ああ、彼女とは俺がボヘミアにいるときに、政務でリューベックに立ち寄った時に偶然再会してな。ハンザ同盟に混じって、何やら商売を本気ではじめたらしくて、ナガサキで仕入れたそろばんと帳面をにらめっこしてうんうん唸ってるぜ。」


へえ、そうなんだ。時間があったら冷やかしに行こう。


ポルトベロには結構長くいたよ。コルテスが幅をきかしているところを何とか出し抜いてやりたいようで、あれやこれやと準備を整えていた時期だったんだ。マルナードもポルトガル人だし、イスパニア人には対抗意識を燃やしているようだったから、良く一緒に会議していたよ。

何も考えずにアステカに行こうと思ったらアルバラードがいて厄介だし、同国人でひと悶着起こすのは祖国から遠く離れているとはいえ、避けられるものなら避けていきたい。そんな思惑があったんじゃないかなあ。

【More・・・】

私は方針が決まらずにいる間、ぶらぶらと城塞内を散策している毎日だったよ。
そんな事しているうちに、ついに呼び出しがあったんだ。
いよいよ通訳の仕事かなと思ったら、マルナードからの呼び出しだった。

マルナードはいきなり剣を抜いて、私につきつけてきたんだ。

当然なにもしらないから、今何が起こっているのか問いただしたら、

黒鯱の艦隊に交じって、このバーボンの瓶を描いた旗が翻ってるのを見た、お前は通訳を装ってここに進入したバーボンハウスのスパイだ、というんだ。

ああ、そういうことかと思ったよ。で、マルナードはこう言ったんだ。

「お前があの商会のメンバーだってのはわかっている。長い航海で細かい事情を知らぬということだが、そんなことはまったくもって信用ならない。ここで死んでもらう。ラブレス、通訳は別のを雇え。いいな?」

もう困ったよ。本当に。武器なんて何も持ってなかったからね。で、私はこう言ったんだ。

「私が殺される理由は納得しないけど、貴方が私を信用できない理由はわかった。でもね、私を殺す前にもう一度確認したほうがいいよ。バーボンハウスという商会がどのような商会なのか、今、城塞前にいる艦隊を率いる提督が誰なのか。これまで我らの同朋を海に沈めた輩がどのような末路をたどったかを、ね。
ほら、船団の先頭に赤いロイヤルフリゲートがいるでしょう。・・・一体誰だろうね、あれだけの速度で船を動かせるのは。マルナード、あなたほどの海賊ならご存知のはずでしょうけど。」

私がそういうと、マルナードはちょっとだけ顔をしかめて、望遠鏡で船団を見やった。


「『Beio-wolf』だと・・・。『疾風』の男がきているのか。」

やっぱり有名なんだねえ。端から見ても、血の気が引いていくのがよくわかったよ。

絶句しているマルナードの隙をついて逃げ出そうと思ったけれど、よくよく考えたらここにいる全員斬り殺すとか、そういう事どうあがいてもできない。

「わかったでしょう?どういう理由か知らないけれど、バーボンハウスも本気だよ。こんな状況下で私を害する事は、貴方の近い将来、バッドエンドが訪れるよ。かといってすんなり逃がしてくれる状況でもないだろうから、一番待遇の良い捕虜にしてほしいんだけど。」

何も考えずに城から飛び出しても、戦闘区域を丸腰はまずいからね。おとなしく捕虜になってみたんだ。

で、そうこうしているうちにどこかで爆発音がなって、騒がしいなと思ったら、血まみれになったカバーリョ中佐とエドゥアルドが悪態付きながら助けに来てくれたってわけ。


脱出の途中で、二人とははぐれてしまったからその後はわからないけれど、私はカバーリョ中佐からクリス・ランポックを護身用にもらって、ひとまずトルヒーヨに避難したんだ。体制を整えた後、陸路でヴェラクルスまで戻った。

その後は、連絡手段もなにもないし、ラブレスもどうなったかわからないから、今回の通訳仕事はご破算になっちゃった。

で、そのあと東南アジアにいって、太平洋を渡って、戻ってきたんだ。








「お前・・・俺が来ているのを知っていたら、なぜ先にそれを言わんのだ。」

まあまあ、実際ポルトベロでは会っていないんだから仕方ないじゃない。

そういえば、カバーリョ中佐はどうしているの?


「退役したよ。正確には予備役編入だけどね。名誉除隊みたいなものだ。今回の海戦で捕虜救出の功績をあげたんだ。脱出途中で、エドゥアルドが狙撃をうけて落水してしまったんだ。彼は浮かんでこなかった。カバーリョはエドゥアルドを失った事がこたえたようだ。なんだかんだでいいコンビだったからな。」


そうだったのか。

またあの海に行く事があったら、ラム酒でも持って行って、彼に手向けてあげなきゃ。

さて、ひとまず私の話はおしまい。私も君たちの話が聞きたいんだ。何せ久しぶりだからね。

新人君、君たちのお話でもいいよ。

まだ日も沈んでいない。まだまだ宴はこれからだよ!



~おわり~












スポンサーサイト
15:51  |  短編書き下ろし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://st96in.blog82.fc2.com/tb.php/475-b8ca49c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。