2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.04.14 (Mon)

「帝国軍の双璧」オスカー・フォン・ロイエンタール

オスカー

こんにちわ。今日は私がイチオシのキャラクターをご紹介します。

「冷徹な理性と強靭な自制心」

「漢の中の漢」


オスカー・フォン・ロイエンタール

彼の経歴はまさに波乱万丈。というよりも、身から出た錆・・・ともいえるかもしれない。

魔術師ヤン・ウェンリーと同じ年に誕生。その直後に母親に目をえぐられそうになる。

その理由は・・・「ヘテロクロミア(金銀妖瞳)」またはオッド・アイとよばれる、両目の色がそれぞれ違うことから、そして片方の目の色は、母親の浮気相手の色。
そして、このことから、彼の性格は大変捻じ曲がった物になってしまう><;


・・・・・・


やがて士官学校を卒業し、順調に武勲をかさねるも、上述のようなことから酷い女性不信→女性を抱いては捨てる行為を繰り返したのが原因で決闘となり、大尉から中尉に降格となる。(ただ、基本的にロイエンタールから女性にちかづいているわけでなく、一方的に好意を寄せられているだけである。のちに、「女と勝利だけは黙っていても近づいてくる。」と話している)

このときから、とある作戦で一緒になったのが、のちの「帝国の双璧」の一翼を担うミッターマイヤーである。

ともに武勲をかさねて少将になった頃、ミッターマイヤーが貴族の馬鹿息子を市民略奪の罪で射殺した際、当時大将で、家督をついでいなかった、ラインハルト・フォン・ミューゼルに助力を打診したことが、飛躍の始まりであった。第4次ティアマト会戦にて活躍後、アスターテ会戦には参加できなかったものの、元帥に昇進したラインハルトに元帥府に招かれ中将、艦隊司令官となる。

その後、アムリッツァ、リップシュタット戦役にて武勲をあげて、ミッターマイヤーとともに上級大将となり、「帝国軍の双璧」と称される。

あ~ながいなあ。いや、自分なりの見解を・・・と思っても、ついつい経歴をかいてしまう><

えと、一言でいうと、この人は「いちいちカッコイイ人」なんです。

台詞から、やることからナニから・・・・モーとにかくカッコイイ。こんな男になりたいな~と思う。
まさに「度し難い」男。

その背景には、稀代の声優、若本御大がいるからなんだけど、もー筆舌に尽くしがたいなー><

もうだめ。いい加減な紹介になったけども、これ以上かけません・・・・。

勘弁してください。すいません。


























好きすぎて、何て書けばいいか、表現が見つからない><






すんません・・・;w;
スポンサーサイト
19:25  |  銀河英雄伝説  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

|_・)こっそり

こっそりお邪魔しますっ
ロイエンタールカッコいいですよね!(//▽//)
ミッターマイヤーと違って公私共に恵まれなかったけど、そこがまたいいです(・_・|(ぉ
ブログ更新と銀英カテゴリの更新楽しみにしてますっ
桃夏 |  2008.04.16(水) 12:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://st96in.blog82.fc2.com/tb.php/30-74d93168

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。