2013年01月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.09 (Wed)

【続編募集】セビリアの酒場から

 いつも陽気で、豪放な男がここ最近は黙りこくってカウンターに腰かけ、時折ため息をつきながら酒をあおっている。

どこからどう見てもおかしい。いつもと違う。

褐色の肌に明るい蜂蜜色の髪。頬には十字の傷がある。

酒を飲むときは仲間とテーブルを囲んであれやこれやと話し、げらげらと笑い呆けているのが常であるのに、どういうわけか今日は背中を丸めて、なにかに怯え、ひっそりと、まるで見つからないように隠れているかのような風情である。

ここセビリアは彼の本拠地である。当然のことながら顔見知りにもよく挨拶をされるのだが、顔を傾けて顔を見るなり手をあげて簡単に挨拶を交わすのみである。

赤胴色の髪を同じ色の髭を蓄えたバーボンハウスの商会長が訪れた時、気づいたか否か、十字傷の男は彼のほうを全く見なかった。

スポンサーサイト
23:29  |  短編書き下ろし  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。