2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.30 (Sat)

旅の空から~通訳娘の航海日誌・後編~

私がポルトベロに向かっていたのにはわけがある。南米未開の地へと向かうコンキスタドールの一人で、フェルナンド・ラブレスという人物がいて、知人を介して通訳を頼まれたからだ。特に断る理由もなし、その申し出を引き受けて、ヴェラクルスで彼らと待ち合わせる算段を整えていたんだ。

バナナを食べながらふらふらと街を見聞して時間をつぶし、夕刻になったころで酒場にはいって腰を落ち着けていたんだ。そこへ知人がラブレスを連れてきた。ラブレスは紳士然とした男で、身なりもそれなりの格好をしていた。武装はしていたけれど、未開の地へと踏み込む冒険家ともなればそれも当然の事だと思っていた。

私たちはお互いの身の上を簡単に話をした。知らない者同士であるし、どれだけの時間共にいるかは分からないが、最低でも相手が何者か、それくらいの事は知っておかないといけない。

その当時は便宜上商会には所属していなかったけれど、バーボンハウスにいた事は伝えたんだ。
証拠も見せた。バーボンハウス商会員の航海日誌には刻印が刻んであるでしょう?ある種の身分証明書だからね。今もまだもってるよ。

さて、翌朝私たちはヴェラクルスから陸路でポルトベロに向かった。そのころのポルトベロは、確かにポルトガルの海賊が根城にしていたから物騒であったんだけど、ラブレスの人脈もそれなりにあって、さっき話に出ていたマルナードとも知己を得ていたから、私が随員としてそこにいても特別問題なかった。実際、ラブレスからマルナードを紹介されたくらいだったし。

「お前さんの知人はマルナードと知り合いか?」
みたいだね。ポルトガルの人だし、よく摸擬戦にも参加していたしね。

「もしかして・・・パイレーツコートきて、ラブリュス背負ってるショートカットの嬢ちゃんか。」

御名答。食いしん坊の彼女にはお礼に特製ピザを山ほどあげた。
今はどうしてるんだろうなあ。

「ああ、彼女とは俺がボヘミアにいるときに、政務でリューベックに立ち寄った時に偶然再会してな。ハンザ同盟に混じって、何やら商売を本気ではじめたらしくて、ナガサキで仕入れたそろばんと帳面をにらめっこしてうんうん唸ってるぜ。」


へえ、そうなんだ。時間があったら冷やかしに行こう。


ポルトベロには結構長くいたよ。コルテスが幅をきかしているところを何とか出し抜いてやりたいようで、あれやこれやと準備を整えていた時期だったんだ。マルナードもポルトガル人だし、イスパニア人には対抗意識を燃やしているようだったから、良く一緒に会議していたよ。

何も考えずにアステカに行こうと思ったらアルバラードがいて厄介だし、同国人でひと悶着起こすのは祖国から遠く離れているとはいえ、避けられるものなら避けていきたい。そんな思惑があったんじゃないかなあ。

スポンサーサイト
15:51  |  短編書き下ろし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。