2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.30 (Mon)

ボクシング好きのつぶやき。


昨日、内藤VS亀田 の試合がありました。

採点だけで言うと8点差も開いておりました。

これにはさすがに驚いた。

やはりジャッジによって印象が違うのだろうと感じた。

確かに亀田は顔がすげーきれいで、内藤はパンパンだった。

でも、テレビで見ている限り、中盤の主導権は内藤が握っているように見えた。

アグレッシブだったし、手も出してた。すくなくとも私にはロープに再三追いつめられる亀田に好印象は持てなかった。

内藤の圧力にやり込められてるような場面もあった。だから亀田はポイント差が記すような楽な試合ではなかったはず。

それでも勝てたのは、亀田のクレバーなボクシングであったと言える。

ノーモーションで放たれる左ストレートは内藤を苦しめた。本来あれを実践してしかるべきは内藤であったはずだ。だが、彼は左右のローリング気味のフックに活路を見出そうとした。

超至近距離での鉄則は「小さく・細かく・速く」である。

残念ながらそれをなしえたのは亀田だった。


その辺をみている限り、やはり往年の、王者になりたてのころの内藤では見られなかった衰え、という

ものがあったのではないかと思わざるを得ない。

いずれにせよ、亀田は二階級制覇を成し遂げて、次のステップへとむかう。

いろいろ見てきたが、長男の実力はまぎれもない本物である。これは断言してもいい。

今回についてもいろいろといわれるだろうが、次戦に控えるは、内藤の宿敵、ポンサクレックである。

ここで真価を発揮してほしい。


中にはつまらん、と不平を垂らす人もいるだろうが、私にとっては見ごたえのある内容だった。

闘った両選手には拍手を送りたい。


スポンサーサイト
13:08  |  好きなモノ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。