2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.31 (Fri)

BE THE RED!!




こんばんばん。


それにしても、ブログは息抜きでやってるくらいなもんですが、

仕事の息抜きにやることになるとは思わなんだ。。。。。。




というわけで、今年はこのバッティンググローブを使おうかと。




Image101.jpg





フランクリン社製です。

まあ、海外のものでございます。

メジャーリーガー御用達。

むかーしに一度購入したことがあって、その時の衝撃と感動を受けてからずっと恋焦がれてたメーカーです。

あいにく、私は落合のように、手での感触が好き&滑り止めとかイラネーしw

みたいな感じでしたのでバッティンググローブはめてなかったのですが、今年に入って、「昔せっかく買ったのがあるから使ってみるか」と使いだしたのです。

だからというわけではないですが、ちゃんと考えて使えば、使いやすくなるのだ、ということがわかりました。




ということで、地獄のような激務はまだまだ続きますが、体は壊さないようにほどほどにしようと思います。

あと、残念ながら我が母校はベスト8で散り、甲子園には出場できずでございました。

こりずに来年も期待してますよ。



現役生のみなさん。

夢をありがとう~^^b


スポンサーサイト
02:24  |  好きなモノ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.07.29 (Wed)

千億の星 ひとつの希望 【前篇】

一隻の船が波間を漂っている。


人影はなく、ただゆらゆらと潮の流れにまかせるがままのようである。

しかし帆はきちんとはられており、船体には損傷はみられるものの致命的なものではない。

一体この船に、何が起こったのか。

海の上で起こる事を想像するのは人為的なものであればたやすい。

一見したところ、おおかた海賊にでも襲われたのであろうと思われる。

嵐ならば帆もボロボロになっているはずである。

船体への損傷と、水夫が少ないところをみると、どうも海賊船におそわれた、というところで説明がつくようなこの状況だが、問題はそのようなところにはない。


船長は、健在である。

しかし、メインマストの柱に寄り掛かって、すわりこんだまま動く気配はない。

左腕のつなぎ目あたり鎖骨のやや下あたりから血をながしている。

心臓に近い個所である。応急処置はしてあるものの、包帯を巻いてしばらくすると出血で朱に染まる。

陸に上がって早く治療を受けねばならないが、船は損傷がひどく、本来の速度での航行速度をだせずにいる。


ただそれでも、船長は副官やわずかな水夫たちに指示を出し、母国へ戻るべく指揮を執った。

ときどき、出血による貧血で意識を失いながらも、船長としての責務をはたしていた。














それから10日ほど経過した。
























「船長!!セビリアが見えてきやした!!」



見張り台の水夫が叫んだ。









副官が安堵のため息をつき、ふと傍らに座りこんでいる主人のほうをちらりと見た。



「てっ提督!!!」



叫ぶなりあわててしゃがみ込んで、船長の顔を覗き込んだ。




顔面蒼白となりながらもなお健在であった船長は、表情一つ変えずにその報告を聞いていたのかいないのか。そのあたりはわからなかったが、こうべを垂れて気を失っていた。










「医者を呼べ!!!はやく!!!」












副官の指示を出す声と、甲板を駆け巡る足音で意識を取り戻した船長は様子を窺いに顔を近づけた副官を一瞥し、冷笑を浮かべながら言った。









「騒ぐな。負傷したのは、俺だ。卿ではない。副官の任務に、俺に代わって悲鳴を上げるというものはなかったはずだ。」








冷然と言い放つ船長であったが、誰の目にも疲労の色は明らかであった。



負傷してから日はたっているとはいえ、ろくな処置も受けられずに血を流していたのである。また海の上である以上、物資についてはなかなか思うようなものは手に入らない。







「俺にはベッドの上で、パジャマを着て、死ぬのは似合わない。そうは思わんか?」



問われた誰もが回答しにくいような事をいいつつも、自らの責務を果たさんとメインマストの柱に寄り掛かっていた。






海賊におそわれ、自らは負傷しながらも、ここまで混乱もなく帰還できたのは、船長の尋常ならざる精神力と統率力の賜物であった事は疑いようもない。









日が、暮れようとしていた。












「まもなく、セビリアに着きます。寄港の準備に取り掛からせていただきます。」





夕焼けに染まる水平線を見つめながら副官は報告をした。






「・・・・・・・・提督、今ここにいる水夫たちは、最後まで、提督のお供をする、と言っております。」










「そうか。・・・・・・世の中、案外バカが多いな・・・・・。」







そう言われて、戸惑いを隠せない副官を横目に、再び静かに目を閉じた。





一瞬、こときれたのかと思い狼狽して駆け寄ったが、呼吸をしているのを確認すると、胸をなでおろし、寄港の準備に取り掛かった。




彼らの、まだ長い一日はこれからであった。







【後半へ続く】







22:36  |  短編書き下ろし  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.07.22 (Wed)

一言いわせてちょーだい。

わが母校○○○高校!!!!

夏季高校野球大会ベスト8おめでとう!!!

オレを甲子園に連れてって!!!








決勝戦は会社休んでこっそり見に行こうかしら・・・・



19:46  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.07.19 (Sun)

?兄とたわし。

くーさんから?兄と私の掛け合い漫才会話を覗いてみたいッテどっかで聞いたような気がしたので、



むかーしのログを探してみたらありましたありましたよ(´ー`)y-~~



ちょっと長いですのでたたんでおきます。



バーボンワールドを堪能したい方はドウゾ!!!


21:31  |  大航海時代  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.07.19 (Sun)

メックリの戦い。









07181.jpg


「私はE・メックリンガー。ここに落ちている沈没船の断片地図は私のものだ。卿に譲るわけにはイカン。そこをどいてもらおう。」
























































































































































































































07181.jpg



「何を言うか。私が先に見つけたのだ。断片地図は貴重なもの。そうやすやすと譲るわけには行かないのだ。貴方も冒険者なら、わかるだろう。」






















































































































































































































































































































































































































































07181.jpg


(そのとき、剃髪の冒険者はかすかに頭をかたむけた。その刹那、反射した日光が、絶妙な角度でE・メックリンガーの網膜を刺激したっ)









































































































































































































































07182.jpg




卿の・・・・勝ちだ・・・・・・













































手抜きです。ええそうですとも。(´ー`)y-~~


00:31  |  大航海時代  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.07.15 (Wed)

買い物その?



ファーさんのおかげでアクセスがすごいことになりました。


ミッタマです。

皆さん今晩は。



夏なのに人肌恋しい今日この頃です。




それってただ、エッチしたいだけとかそういう突っ込みはなしですよ













23:19  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.07.13 (Mon)

服かいました。

こんばんわ。

今日も仕事でした・・・

これで2週連続休日なし><


まあ、今週末は土日やすませてもらおうかしら・・・。

さておき。


通販でたのんだ 服がとどきました。

















グレーを注文したのだけども・・・































服2






なんか、カーキっぽくね!??










まあ、あとでよーくみたら確かにグレーでしたよ。(´▽`) ホッ





てなわけで、暑いですけどはおってみたたわし。



























































































服1





こ、これなら冬でも着れそうだ




よしよし。

これで着まわしアイテム増えた。






あとは・・・・やせるんだッ








それではノシ





00:06  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.07.11 (Sat)

【ビヨンド】ほしくなってきたなぁ【ホワイトアッシュ】

この木製バットをオーダーできるってやつ・・・・


なんか野球人の端くれとしては萌え要素みたいのがあるぽい。

草野球で木製バット使ってるのなんていまどきいないし

ちょっとかっこつけて買ってみようかしら。


新型ビヨンド買ったばかりなのにw





というわけで、今年のミッタマカスタマイズ仕様をうpしました^^v




20:02  |  草野球  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.07.09 (Thu)

ようやく大台に^^b



07105_20090709233828.jpg



こんばんは。


さきほど(23:30) ログアウトした直後に電話がなり、




「今からキャバクラいこうぜ!!!」



とのお誘いが・・・・・。



後ろ髪を惹かれる思いで丁重におことわりしつつ、ブログを書いておりまする。




さて、ヒサビサのネタができましたよっ


23:44  |  大航海時代  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.07.08 (Wed)

ルィさんに捧ぐ


以前紹介したどぶろっくの「魅惑~」シリーズですが、新作が届いてましたw


相変わらず歌うまいし、いいメロディだとおもいます。


あ~・・・・・




CD発売されないかな~



鉄工所ラップもw










ルィさんが妙にお気に入りだったきがしたのでルィさん。しっかりと堪能してね^^v
00:56  |  好きなモノ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.07.05 (Sun)

休日出勤の合間に。

ゆがんでます




商人とも >>>|っд゚)っコチョコチョ
>> 商人とも>脇の下自重












常識人間ですが何か(゜ー゜)y-.。o○






23:38  |  大航海時代  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.07.03 (Fri)

アンソロに向けてちょこちょこと。




ミッタマです。今月は地獄の勤務となりそうです。


この不景気の中、非常にいいことではありますけどね・・・・。

DOLもINできないようななか、ひそかにアンソロ企画を練っております。

とはいえ、まだコレだけのボリューム・・・。


A5用紙8ページ分って結構短いから短編を練り直してやったほうがいいのだろうか。


ユーザーイベントのネタだとかなり長くなりそうな気がしてきた・・・・。

ともかくも、一度書き上げてから考えよう・・・・。


なにかと書き進めていくと、あれもこれもとアイデアがわいてくるときがあったりして(銀英伝MADをやってるときもそうだった・・・。)それをどうまとめていくかまたこんがらがるということに。。。



でもまあ、楽しみにしてくれている人もいますし、バーボンから参画している人も多い。

ここで会長の私がくじけてはいけないのですっ


ということでチマチマとやっていきますよ。


いい形で皆さんに読んでいただけるように文章を練っていきますので宜しくお願いします。


目標は故・藤原伊織さんみたいな流麗な文章がかきたいけど、どうしても田中芳樹風味の感じになってしまうかなあ・・・・。
03:18  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.07.02 (Thu)

SSはとってないけれど。

さて、大海戦は全く参加せず。

どんだけやる気がないのかね。私w



さて、そんなだからナッソー近辺で海事するかーっと風獣のお守り?だったかなんかつかってみて、一路、カリブへ。


・・・・速度一割増しじゃああまり実感無いですなw


そんなこんなでカリブ着いたら・・・あら。安全海域・・・・。


人がわんさかおりました。

もうやる気ゼロでございます。

ナッソーついたらついたで。あら。ロイフリがない。。。。。

そのままトルヒーヨへとんでいき、ロイフリをとってその日はそのまま落ちてしまった。。。。

なんつーやる気のなさw



まあ、気持ちが空回りしてたんですなぁ。

しかし、安全海域も考えもんだなあ・・・。




18:04  |  大航海時代  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.07.01 (Wed)

テテの思い出

最近メックリメッキリINできていないきがするミッタマでございますが

ちょいとさびしい内容でございまする。





ennkai1.jpg












13:01  |  大航海時代  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。