2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.20 (Sat)

アンソロの練習? ~ある日出来事~

航海を終えて港へ戻ると酒場で酒や料理をふるまい、水夫や副官をねぎらう。
最近はコース料理なども出来ているため、どこかの港に立ち寄った際に連絡船でおおかたの予定を酒場のマスターに伝えておけば、港についた頃には出来たてのご馳走と酒をあじわうことができるようになった。

これがなかなかのもので、追加の注文などしなくてもいいほどの量で、それでいて多すぎない程度に調整してくれている。
さすがの職人芸と言うべきものだ。酒場のマスターの腕に感謝しなければ。


そんなわけで今日もしこたま飲んだ。楽しい時間をすごし、広場にある自宅の前にたどり着いたとき、あることに気がついた。













自宅の鍵が、ないのだ。











時間的にも真夜中。街の明かりは消え、開いているのは酒場と、この時間ならば普段はしめているはずの道具屋がこっそりと明かりをつけて営業をしているくらい。



世間一般でいわれる「もののけが出る」ような時間帯である。



当然、守衛は立っていない。日中たくさんの人でにぎわうのこの広場も、さすがにこの時間は人が動く気配はなく、静寂に包まれている。



ついぞ先刻まであおっていたウィスキーの瓶を持ったまま、私は鍵が入るであろうとおもわれる大きさのポケットに手を突っ込み始めた。


作業を始めて半刻・・・やはりない。


そうだ、あるはずもない。どこかに落としたのか。酒場で誰かにもっていかれたか。


いずれにせよ、現実はひとつ。 


このままでは自宅に帰ることができないのだ。


「悲しいけどこれ、現実なのよね」


私はぼそっとつぶやいた。


だからどうなるわけではないが、不測の事態に陥ったときに自分自身に言い聞かせる時に、私はこの言葉をつぶやく。


そうすることでとりあえずは心を平静に保つことができ、それが最善の結果を生む。

私は考えた。ウィスキーで得た心地よさは影を潜め、けだるさと絶望感が首をもたげ始めてきた。

だがこのままいても仕方がない。

まずは自宅へ帰る方法を考えるのだ。

誰もいない、私の息遣いすら、はっきりと聞こえてくるような静寂の中、私はふらふらと自宅の周りを見回し始めた。


スポンサーサイト
19:01  |  短編書き下ろし  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。