2017年03月 / 03月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.04.11 (Sat)

移転のご連絡

※まもなく引っ越し先へ移動します。

相当お久しぶりにございます。
このブログを見ている人もそんなにいないだろうし、むしろ存在自体も知らない人が多数であると思います。

大航海時代オンラインの一つの時代に参加していた思い出として、消去せずにそのままにしておりましたが、とりあえず移転先が決まりましたのでご連絡いたします。
移転先で書く内容は大航海時代の微塵もありませんのでご容赦ください。

むしろ、自分の欲望渦巻く内容なのではないかと思います。

DOLサーバー統合に伴い、私とその仲間がこよなく愛したバーボンハウス商会は、その長い歴史とともに消えましたが、

たくさんの仲間と過ごした時間は代えがたいものです。
中にはいまだに交流のある方々もいます。

そんなわけで、とりあえず数年にわたって更新してきたブログであるし、そのまま消すのもアレなので、保管場所を設けました。

こちらのブログにて、過去記事閲覧できます。


ではでは、まだまだ大海原に出ている方々には、よき航海となることを祈念して、お知らせいたします。
スポンサーサイト
15:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.04.14 (Mon)

ミッターマイヤー

三田舞矢自画像


ミッターマイヤー


略歴


誕生は3月22日。イスパニア・セビリアにて課金。E鯖内でよく見られるミッターマイヤー一族につらなり、その末端にいる。脚本家・俳優。後にわわわ帝国に関する詳細な資料を残している。また、自身の回想録として、ブログを残す。帝国内での公的な職には就かず、あえて傍観する側に徹している。現在は鉱石商(4月14日現在)

スクチャにて、同期のゆきゆをはじめ、多くの知己を得る。名前が元でめぐめぐの部下イゼルローンに
いきなり突っ込まれて以来、行動をともにしている(ほぼ同時にスナックめぐの常連客となっている)。当初は商会を立ち上げる志を持っていたものの、さまざまな障害にあい、頓挫する。
海事志望ではあったものの、海事には金がかかると知り、家畜商にて資産をためる。10M貯めたところで、ギルドにて入手した転職状を乱発し、海事スキルを取得。戦闘に明け暮れる。その腕前はともかく(光圀重工製バーバリアンガレーの耐久力をたった4日で底辺まで下落させた)、ジェノスクでは艦隊司令として指揮をとる。この際に、ちねちね団頭領・ロンドリーナとレコア・ロンド姉妹、さすらいのカラテカ、トラキア、ロドリーゴ・デ・トリアーノを始め、数多くの航海者と面識を得る。
先日、某ブログ企画にに出演し、俳優デビューを飾る。

本名は「ウォルフガング・ミッターマイヤー」としているが、そのニヒルな台詞回しや、普段の行動などをみるかぎり、ロイエンタールの遺児フェリックスと推測するものも数多くいる。
また、「なんちゃってパトリチェフ」(ラシル・クレア評)との記録も残っている。

現在は一旦海事を休業し、鉱石商として北海に引きこもる。

旗艦は「べいおうふふ」→「ベイオ・ウルフ」
主に赤鮫造船所製を好む。




性格・特徴



寂しがりやである。

モヒカン・ケノービとは、なぜか「同志」と呼び合い、お互いに敬意を払っている。
ちなみに、モヒカン・ケノービには、ゴシップの場面をよく目撃されるものの、うなずくだけで邪魔はされず、暖かく見守られているようである。(彼との出会いは、課金当初秋元こまちの紹介で意気投合し、その後スナックめぐにて再会している。)

基本的にコバンザメの如く、艦隊を組んでは遠洋航海に出るが、引っ張ってもらっている。
自力で行ったのはケープまでしかない。

なんだかんだと支援を受けている。
「初心者なのに、ベテランに感じる」とはぴぃちの評。

「まめんなよ!!」と誤爆して以来、この台詞がきにいっている。

以前スナックを貸し切って依頼、同窓生をよく招くようになった。
休みがちなめぐままにかわり、最近はみずから茶室を開くことが増えた。

結構適当なところがあるためか、よくたしなめられることが多い。

「ミッターマイヤ-」というキャラ(最後の-がハイフン)が別にいるが、全くの別人であり、本人とは関わりが無い。(よく間違われる)




でわでわノシ

14:45  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.04.04 (Fri)

わわわ帝国初代皇帝ゆきゆ一世

ゆきゆだんす

ゆきゆ


3月12日生まれ(推定)。イングランドにて課金。現在までの経緯は諸説あるが、スク茶にて、当時スナックめぐをきりもりしていた「めぐめぐ」の従業員、「イゼルローン」に師事したことがきっかけとされている。(ミッターマイヤーも、このとき知己を得ている)なお、このときの同期には、ミッターマイヤー、のちの大商人、「ばろんどーる」のほか、Neyaの妹、「秋元こまち」もおり、後世の観点からすると「黄金世代」とも呼ばれてはいるが、元来スクールに入門した時点で、スクチャに加われる点もあり、ある意味では「必然」であったといえる。

その後、めぐママの意向に従い、スナックめぐに入店後、瞬く間に看板娘となる
かねてより、「スナックめぐ」常連であり、海事の第一人者である赤羽根、赤鮫兄弟。
「すもぐり愚連隊」を組織し、名をとどろかせていたサルヴァー。帝国には関与しないが、現存する数少ないヂェダイの末裔を称する「モヒカン・ケノービ」等の要請をうけて、国家創立の基盤を固め始める。

その後まもなく、後に「もっとも勇敢で、おばかで、狂信的な集団」とよばれる「ゆきゆ親衛隊」が発足。隊長は置かず、副隊長のみがいるある種特殊な集団であり、彼らの獅子奮迅の活躍とすなっくめぐの常連者たちの支援により、「わわわ帝国」を成立させる。

ゆきゆ自身は 「神聖にして不可侵なる」皇帝ゆきゆ一世を名乗り、大海原へと旅立つ。

昨日、ダイヤにかこまれて「@@;」な様子。

母性本能をくすぐるようなところがあるためか、何かと周りに助けてもらう機会が多い。
援助をうけた人物に対しては礼儀正しく、礼節を保っている。






特徴・性格


よく驚く。「わわわ帝国」の由来は、彼女が驚いたときに口にする言葉から。

命名は、ゆきゆ親衛隊幹部の赤羽根である。

根は非常に素直で、純情である。「こんな素直な子ははじめて見た」とは赤羽根の評。

援助をうけた人物に対しては礼儀正しく、礼を以って遇する術をしっている。
(ミッタマイヤーには惜しげもなく大量の予備帆を与えている。)

一方で、お下品な態度には断固拒否をしている。

一介の庶民でありたい願望があるのかは不明であるが、親衛隊にひざまずかれると、どうしていいか分からなくなる。

すぐ泣く。

泣く時間も長いため、それによりログが埋まってしまうことが多々ある。

服装がよく変わる。

挨拶は基本的にお辞儀をすることが多く、敬礼をすることは滅多に無い。皇帝の性格をあらわす一端が伺える。




※このカテゴリーの記述は一部フィクションです。


テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

12:41  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2008.03.31 (Mon)

序文

・・・時は中世、人類がまだ、「地球は丸い」とは信じておらず、また、それを証明すべく、多くの勇者達が旅立って行った時代。

北海の島国に、一つの星がまたたいた・・・・。


このカテゴリで紹介しますのは、「スナックめぐ」にて建国された、「わわわ帝国」の興亡記です。

初代女帝ゆきゆ一世(初出当時”ゆきゆ”)は、その愛らしい容姿と、くったくのないログで人心を掴み、彼女の元に綺羅星の如く優秀な(?)人材が集まる。彼らが私設護衛団「ゆきゆ親衛隊」を結成したことが、歴史を大きく変える始まりであった・・・。 

ということで、これからいろいろと「スナックめぐ」内における常人には度し難い事柄等、歴史小説風にお伝えします。

次は主要登場人物の紹介をしようと思います。

SSつけれれば、SSつきで^^
15:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。